伯陽堂 http://hakuyou.la.coocan.jp/

プロフィール

Philo

Author:Philo
中国思想、仏教、オタク文化などが好きです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 最近、リドリーさんのチャットで「小説家になろう」の作品がホットな話題になっています。この『強くてニューサーガ』はその中でもトップクラスの作品とのことだったので、手をつけてみました。
 (ネタバレあり注意)

続きを読む »

スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル - ジャンル : 小説・文学

 『Fate/Apocrypha』もだいぶ佳境に入ってきた。
 『Fate/Zero』のファンの中には、今のところの展開を冗長だと嫌う人もいるかも知れないが、僕はこれはこれで差異化が図れてよいと思う。そもそも、長く続けばそれだけ長く楽しめるのだ。
 今回も、みどころの多い巻だった。とりわけ注目したいポイントは、黒のアサシンの死と、フィオレの決断、その二点だと思う。

続きを読む »

テーマ : ライトノベル - ジャンル : 小説・文学

 ヤンキー漫画などで、主人公が大勢の不良とケンカして、片っ端から殴り倒す場面がある。最後は、大勢いた敵の不良は全員地面に倒れて、主人公はライバルと笑い合っていたりする。
 これも少年漫画のひとつの「お約束」の構図だが、2ちゃんねるのスレなどではよくツッコミを入れられていたりもする。
 いわく、どんなに腕の立つ主人公でも、十人を一人で倒すことなどさすがにできない。敵の不良を殴っても、それであっさりダウンすることはないし、気絶するほど殴っていたら死んでるかもしれない。物理的に考えて無理のある構図だというのだ。
 こういうことを考えていたら歌舞伎などは見られないかも知れないが、しかし「お約束」をいつまでも「暗黙の了解」扱いしていては、漫画文化そのものの衰退につながる気もする。こうしたツッコミもまた、漫画の楽しみ方ではないかとも思う。
 僕などは、こういう不良のケンカの話で別のことを思う。

続きを読む »

テーマ : エッセイ - ジャンル : 小説・文学

 最近、動画配信サイトでドキュメンタリー番組を見るのにはまっている。いろいろな番組を部屋にいながらにして探したり見たりできるので、ツタヤへ行って『世界遺産』や『ダウンタウン』のDVDを借りる必要がなくなりつつある。
 かつてビデオが画期的な発明として世の中に現れ、そしてやがてDVDがビデオを駆逐した。今また、ネット動画が新たに台頭しつつある。電子書籍が完全に紙の本を絶滅させることがないように、DVDも絶滅することはないと思うが、しかしネット動画は確実にDVDやレンタルビデオ店のシェアを削るだろう。

続きを読む »

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

疵痕~花山薫任侠伝~ 62話感想
製作者:リドリー様

 リドリーさんの『疵痕』62話の感想をお送りします。
 凶悪部隊にさらわれたやらない夫の命運やいかに。

続きを読む »

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。