伯陽堂 http://hakuyou.la.coocan.jp/

プロフィール

Philo

Author:Philo
中国思想、仏教、オタク文化などが好きです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

 禁書では、いろんな敵が改心する。一方通行あたりを筆頭に、シェリー、アニェーゼ、最近ではオティヌスなど。改心して味方にならない敵の方が少ない。味方にならない敵は数多や薬味のように、無残な末路を辿ることが多い。
 そして基本的に、その敵の無残な末路とは、上条は関わることはない。「こいつは悪党だったが改心できるはずだった。それなのに助けられなかった」ということが上条にはない。だから、作者から保護された主人公だと思う。
 改心して味方になったキャラは、改心する前はかなりひどいことをした悪人だったことが多い。それも具体的な行為として悪事を働いたというより、劇中の言動が不快感を与えるようなことが多い。シェリーは風斬を化け物扱いしたし、アニェーゼはオルソラを拷問した。一方通行は言わずもがなだ。ヴェントは風斬を大罪人扱いした。麦野はフレンダを殺した。(フレンダは裏切者だから仕方ないという意見もあるが、フレンダが殺されても仕方ない奴だというなら今になってフレンダとの友情エピソードを出してくるのはなぜかということになると思う)オティヌスは、しいていえば腕を斬ったりして傷つけたのは上条だけだから、その上条が許すと言えば許容される範囲だろうか。
 いずれにしても、わりと改心した悪人に甘い世界観である面はあると思う。不良が改心してボランティアを始めて絶賛されるように。やったことに対してそのキャラが真摯に反省し、償いのために動くということがあまりないように思える。
 そのひとつの端的な例として、新約6巻で麦野がニセフレンダに言った台詞がある。ここで彼女は、「麦野は改心して殺し屋をやめたんじゃないのか」と言うニセフレンダに対して、「私が殺人者のままでいて、また惨劇を起こしたとしても、浜面は許してくれるから大丈夫だ」とうそぶく。
 これはなかなか恐いことを言っていると思う。つまり、浜面は麦野のすることなら、罰されるべき悪事でも無条件で許すし、その浜面という裁判官でも王様でもない一個人の許しがあるだけで、麦野自身は自分の生き方を改める必要はないと開き直っていることになる。もちろん、内心ではフレンダ殺しを悔いており、フレンダの時と同じ状況になっても今度は殺さないだろうということは察せられるのだが、基本的には「はっきりと言葉にして謝罪する必要はない」と言っている。上の麦野の言葉はそういうことだ。そして僕がこれが気になったのは、つまり改心した悪人に甘い世界観を、麦野は浜面に甘えるというかたちで、ある程度自覚してその世界観に甘えていることになってしまう。僕が死んだフレンダの幽霊だったら、いささか釈然としない気持ちになると思う。
 浜面はなぜ、麦野を許すのだろう。たとえば上条は何度も「俺の友達に手を出すな」ということを言っている。禁書世界では、この「友達」というものが、非常に高い価値にある。そして「恋人」は、注意深く隠されている。これには、AKBの恋愛禁止などと同様の、キャラが恋愛関係になると読者に不都合という大人の事情も関係していると思うが、恋人や家族よりも上の、キャラが命まで賭ける存在として、多少、友達というものが過剰なほどに神聖化されているという印象は否定できない。浜面にしても、麦野が人を殺そうと過去にフレンダを殺していようと、「友達だから」の一語で全部を許容する。その是非は別として、そういう状況があるのは事実だと思う。
 友達、つまり「ダチ」を何より、ことに社会や国家より重視するということと、改心した悪人に優しいということ、この二つの要素から見えてくるのは、以前にも書いた、「禁書は要するにヤンキー漫画の世界だ」ということだ。その価値観から判断すれば、だいたい禁書の世界は読み解けると思う。統括理事だろうと魔法使いだろうと王女だろうと、タイマンでケリをつける世界だ。新約5巻でトールが上条をいきなり殴ったり暴言を吐いたりといったDQNな行動を取ったのも、ヤンキーだからだと思えば筋が通る。
 その作風、ことに作品の倫理観などについて思うところはあるし、作者が上記のような作品の構造に自覚的だとは、あまり感じられない。だから「攻撃力マックスの防御力ゼロ」(いかにもヤンキーらしいステータスだ)などと言われるのだろう。少なくとも、ヤンキーらしいエネルギッシュさが存在するのは確かだと思う。
スポンサーサイト

テーマ : とある魔術の禁書目録 - ジャンル : 小説・文学

| ホーム |


 BLOG TOP