伯陽堂 http://hakuyou.la.coocan.jp/

プロフィール

Philo

Author:Philo
中国思想、仏教、オタク文化などが好きです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
走馬灯戦記 7話感想
製作者:もぐら様

 もぐらさんの『走馬灯戦記』7話の感想をお送りします。
 さあ、吟味の時間だ。

 今回も、もぐらさんの気迫がビンビン伝わってくる内容でした。
 もぐらさんも心中で鬩ぎ合っているな~と。
 でもそれでいいと思います。人生の答えなんて、散々悩み苦しんで、どうにか多少それらしいものを掴むものでしょうから。
 簡単に得られる答えはそれこそ、マサツグ様やお兄様になってしまうわけです。

 まず最初の見どころは、光とパピヨンの対話ですね。
 光の答えも、覚悟がちゃんとできていて、危なげがなく見えますが、パピヨンも手ごわい。そう簡単に合格印はくれません。
 実際のところ、これもパピヨンの優しさだと思います。光が生半可な覚悟で林家に挑んだ場合、その信念も愛する者も、ぶち壊されるかもしれないのですから。事前に、極力弱さを潰しておく必要があります。

 藍の死因は基本、学園演義ルートのようですね。聖の過失をしいて挙げるなら、判断ミスで敵陣に突っ込んだために藍の死因を作ったということでしょうが、それで彼女の後悔も償いも無視して命を求められるのは、やはり理不尽でしょう。同時に、だからこそいい。本来復讐とは、悪漢を成敗することではなく、普通の人間に対して理不尽に叩きつけるような行為ではないか。本当に今のもぐらさんは、文章の端々に至るまで隙がないですし、一言一句から考えさせられます。

 そして運命的な、天と林家の衝突。数年間の時を経て、もぐらさんはここに到達したのだと思いました。折りしも、『キン肉マン』では悪魔将軍と超人閻魔の対決が開始されていますが、運命の対決の季節なのかも知れません。
 天はヒーローとして果てしなく完璧でしょう。まさに、林家の一歩先を行く存在です。ですが同時に、「まだそれが答えではない」ということも、この先で示されています。よもや、「そのとき、ふしぎな事が起こった!」を敵サイドで使おうとは。敵ライダーとかたくさんいるのだから、当然そうなっておかしくないわけですが。ここにも、もぐらさんの妥協しない性格が感じられますし、言葉というものの自由度の高さをも感じます。「ふしぎな事」は、大体味方が救われるフラグとされていますが、その味方の救済は、敵の視点で見ると、今回のようなことになるわけですしね。

 目の前で天がやられるのを目にした光が激怒して林家に突っ込んでいきますが、この時点だと光は、傍目にも明らかなほどに、林家に、思いも力も、通す要素が生まれていないのがわかります。しいていえばそれは、先ほどのパピヨンの問いに「とどめを刺す」と答えた時点でも、まだ「真の答え」には至っていなかったのかも知れませんが。殺すべきか殺さぬべきか、その両者の境目の、天秤の一致するような際どい辺りに答えがある、というのもまだ、安直な議論かもしれません。最終的には、そのどれであろうと、「真の答え」などないのですし。ただしいていえば、キン肉マンたち正義超人の「戦いを通じて分かり合う」というのは、一つのヒントだとは思います。

 今回、ある意味初めて藍が林家に語り掛けたと言えるでしょうか。あれが本当に藍なのか(死人の軍勢がいる以上、彼女がそこにいてもおかしくないのですし)、それとも林家自身の幻覚なのかは、定かではありませんが。ただ、林家的には、あそこで天に敗れて死ぬというのは、まだ答えとしては納得のいかないものなのかもしれません。彼の「俺を、殺してみろ」という言葉は、「答えをくれ」と言っているように聞こえます。

 そこで、次なる答えへの手がかりというか、役者がまた二人、舞台に上がってきました。それも林家にとっては、実に残酷な役者が。
 彼はそれこそ、林家の得られなかったすべてを持っている男です。林家が嫉妬に狂ってすべてを奪おうとしてもおかしくはない。同時に、それこそそれをやれば、ただのわがままだと認めてしまうわけですが。ただ彼なら、林家に負ける要素もないとは思います。やはり守るものがある人間は強いですし。あとは、光も仮面ライダーである以上、彼女にも「ふしぎな事」は残されている。ただ、そうやって皆で林家と対峙することになった場合、今度はそれはSRC島脱出の再現となる可能性もあるのですね。まこと、文筆とはありとあらゆる可能性を妥協なく追究するいとなみなのだと感じさせられます。とりわけ、今のもぐらさんは、キャラだけでなく作家自身が、厳しい勝負に臨んでいる。この答えを出すのは本当に、もぐらさん自身の手にかかっているのだと思います。

 ただ僕は、ここまで闘い抜いた以上は、どんな答えを出したとしても、それは許されるべきではないかと思っています。そこでその答えを否定した場合、もはや永久に答えの出ない無間地獄に入ることになってしまうでしょうから。まあ、ホラー映画の「リング」とかを見ると、貞子の呪いをヒロインが解いて貞子を救ったように見えて、実は全然事態は解決してなかった、という展開だったようですけどね。だからまあ、答えの出ないままで悩んだとしても、それはまたそれで一つの選択。結局のところ、人生というのは、「こうでなければならないもの」なんて何もないのだと思います。禅仏教では、人生の本質を「無」であると喝破しています。となれば後はただ、論理の赴くところを粛々と追うだけでしょう。

 それでは、こんなところで。
 もぐらさんの筆闘に勇気をいただいたところで、僕もまた何か書くとしましょう。
スポンサーサイト

テーマ : フリーゲーム - ジャンル : ゲーム

<< 『ストレンジャー 混沌の時代』最終章公開 | ホーム | 『孤高の剣士と人気者の騎士』公開 >>

コメント

どうも、もぐらです。プレイ、そして感想ありがとうございます。
私は結構、自分で何を書いてるかわからないまま
シナリオ書いてることも多いので
こうやってphiloさんに何を書いているか教えてもらえると
とても嬉しいです。


南条君とパピヨンの対話は気を遣って書きました。
6話で南条君にはありったけの綺麗事を叫ばせました。
それを7話では「林家豹司を殺す」と言わせる。
私としては南条君には五代雄介のような
本当は綺麗事が一番いいと本気で思いつつも
皆を守るために戦わねばならないというような
ヒーローであってほしいという思いがあったのですが
ともすれば仮面ライダー、ひいてはヒーローの究極とも
言えてしまうような存在を模倣するというのは
生半な練り込みではやれないと
単に現実に流されているだけに見えてしまうと
何度も書き直しました。


天さんVS林の字は、蜃気楼を書いてた頃に
人形劇の練習でeveを試し打ちした時にやってましたが
本当はもっと早くやるべきだったのかもしれません。
私がSRC学園のイを書いたのは
能力者の学園ものと聞いた時に
一体ここを舞台にどんな差別や迫害が展開されてしまうのか?
ともすればエンジ色のエポックのような展開が
早々に為されてしまうのではないだろうか?
そんなのは嫌だなぁ、見たくないなぁと
だったらこの世界にはゲッターが要る
ぐるぐるお目々のデウスエクスマキナが要る
例えアメリカ第7艦隊が攻めて来ようと
島を、皆を守れるヒーローが要る
そんな感じの思考でだったと思います。


迫害や差別ではありませんが、強大な力を持ってしまったが故に
諦められない、許せない、終われないという悲劇ならば
それは天さんがぶった斬るべきだったのだろうなぁ、と。
頭を失ったモヒカンが暴れまわり、腐敗した騎士が無辜の学生を拉致監禁し
学生寮が炎上するような事態にSRC島が晒されるというのなら
それはもう、ヒーローの出番だろうと
世紀末救世主の出番だろうと、今の私なら考えられます。


今が蜃気楼を書いていた頃でしたら
天さんが林の字を引っ張り戻すということもできたのでしょう。
それこそ一文字隼人が霞野鉄心を叩き直したように。
ですが、青タイルを拒絶した林の字を先に見つけたのは
先輩ライダーではなく邪神でした。
蜃気楼の頃に、もっと言えば学園演義の頃に
それこそ悪魔に魂を売ってでも欲しかった主人公補正が
今更手に入ってしまったのです。
如何に天さんとはいえ、南条君や聖達を守りながらでは
分が悪かったようです。
或いは皆を犠牲と切り捨てて、林の字の一撃を回避して
そのまま戦いを続ければ、勝負は分からなかったのかもしれません。
ですが私は、天さんをそんな子に育てた覚えはありません(笑)


学園世界のヒーローが、世紀末救世主が倒れました。
これが学園シナリオなら、バッドエンド確定でしょう。
ですが、これはスパロボです。
ロボットなんてザクとかゲルググとかしか出てないけれど
スパロボシナリオなんです。
結末を変えるために、もう一振りの剣をぶつけてみようと思います。


では、失礼します。プレイありがとうございました。

こんにちは! philoです。
書き込みどうもありがとうございました。
この感想を書いていて、僕が特に心配するのは、
何か見当違いな妄想の押し付けをしているのではないかということです。
特に僕のような熱くなりやすいタイプは、
勝手に盛り上がって勝手なイメージを作品や作者に
押し付けてしまうことはよくあるものですから。
ですので、もぐらさんから前向きな反応をいただけると、とても安心します。

6話、7話と見ていくと、確かに南条さんもまだまだ半熟であり、
確固たる信念と言うには今少し成長が必要だと感じますね。
ですが、危なげはないと思います。
何しろまだ14歳ですし、周囲には頼れる大人がいくらでもいます。
パピヨンとの対話も、確実に南条さんの糧となったと思いました。
もぐらさんの苦心の跡がうかがえる、よい対話でした。

天さんVS林の字は、僕はもっと早くやるべきだったとは思いませんね。
物事にはすべからく天の時というものがあります。
今より早くやったとしても、より浅い答えで満足してしまう
結果になっていた可能性もあります。
確かに天さんは林家の先を行く、すべてを背負いし英雄です。
あの皮肉屋のパピヨンですら驚嘆するほどの。
では、その英雄にすべてをゆだねれば、それで世界は平和になるのか。

たぶん、チカラさんは「否だ」と答えるのではないでしょうか。
それでは、結局のところ世界は変わらない。
いかにキン肉タツノリが名君だろうと、一人の英雄にすべてをゆだねては、
結局のところネメシスが言うように世界は凡俗の食い荒らすところとなるのです。
そうならないためには、どうするか。

その答えは、『強襲遊撃分隊の日常』でハイネが出しています。
「守るんじゃない、みんなで維持するんだよ。
誰か一人が踏ん張っていても、その誰かがすり切れたらおしまい。
そんな平和、危なくて掲げていられないよ。
みなで守ればいい。このSRC島はみんなの島なのだから」と。

民主主義は、最良のシステムではありません。
せいぜいが、一番マシなシステムです。
そして、それは王権と必ずしも矛盾するものでもありません。
たとえば、唐の李世民には秦叔宝、魏徴といった人材たちがいました。
徳川家康にも、文武の本多、天海僧正に茶屋四郎次郎といった人材たちがいました。
偉大な王とは、すべからく一人ですべて解決せずに、
大勢の人間に支えられ、大勢の人間を生かす存在でした。

そして、僕は先に林家に手を差し伸べたのが、
天さんではなくチカラさんであったことに、
あえて喝采を述べたいと思います。
なぜなら、林家は一度、心の底まで闇に沈む体験が必要だったのだから。
きっと邪神を求めたのは林家自身なのです。
今の林家こそが、まさに人生の最も輝いている時なのです。
僕は彼が燐炎ではなく獄炎を纏っている姿を見た時、
「おお!ついにここへ来たか!」と思わず叫びました。
そうです、彼には地獄こそが必要だったのです。
ベアトリーチェを求めるダンテのごとく、
彼は一度地獄の底まで潜る必要があった。
世界の闇が深いほど、神の栄光もまた高くなる。
天さんは懐が深いから、あえてやられ役を引き受けてくれた。
僕は彼が、とても優しい男だと知っています。
そんな彼が、誰かを切り捨てることなど、あるはずがないじゃないですか。
僕の目には、魔人に倒された世紀末救世主は勝利したように見えました。

そして、暖かな山吹色の陽光は、この深い闇を纏う漢のもとに届いた。
かつて愛する人との未来に換えて勇気と誇りの力を明日に託し紡いだ、
黄金の精神を持つ誇り高き血統の起源にして頂点の漢が持つそれと同じ色です。
強敵(とも)を手にかけ、偽善者と呼ばれ、手を血に染める苦痛に嘔吐し、
それでも愛する女を守り抜いた漢が、
そして最も新しい14歳の女英雄が、
仲間たちとともに今ここにいる。
この状況で、どうして愛と正義が勝たないことがあるのでしょう。
青ざめた馬に乗った死神が何度不条理だと叫ぼうとも、
僕は彼ら彼女らを信じています。
信じること、愛すること。それはなんとも、心地のよいことではないですか。

それではまた。
まだまだ冷えますから、せめて心だけは暖かくしましょう。

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。